本文へスキップ

文字サイズ

〒135-0042 東京都江東区木場5丁目8番7号

TEL: 03-3642-0032 FAX: 03-3630-5367

早期アルツハイマー型認知症検査MRI & VSRAD

 当院では、MRI検査と早期アルツハイマー型認知症診断支援システム 「VSRAD(ブイエスラド)」による認知症検査を行っております。


健診2

アルツハイマー型認知症とは

 現在、65歳以上の高齢者の7人に1人(約462万人)が認知症であり、2025年には5人に1人(700万人前後)となると 見込まれています。(内閣府による平成28年度版高齢者白書より)
アルツハイマー型認知症は、認知症の中でも最も多く、全体の約半数を占めています。 また、65歳未満の若年性認知症の4分の1がアルツハイマー型認知症であると言われています。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症とは、脳の中にある「記憶をつかさどる海馬」や脳そのものが萎縮する病気です。 原因は、脳の神経細胞が減少したり死滅してしまうために起こります。
主な症状
@覚えたばかりのことを忘れる⇒記憶障害
A家族が誰だかわからない⇒見当識障害
B「もの」の名前がわからない⇒失認、失語
C徘徊や人格変化


現在のところ、アルツハイマー型認知症は発症すると確実に進行し、壊れた脳を治すことはできませんが、 早期に発見し治療することで、症状の進行を遅らせることが重要です。 しかしながら、初期のアルツハイマー型認知症は、加齢による「もの忘れ」と区別がつきにくく、 発見が遅れる場合もあります。


健診2

早期アルツハイマー型認知症診断支援システム
「VSRAD(ブイエスラド)」


 当院では、アルツハイマー型認知症を早期に診断するため、VSRADを導入しています。 VSRADは、MRIの画像データから海馬の委縮を年代別に健常者と比較し、 相対的に数値化して評価します。海馬の委縮程度が数値化、カラー画像化されるため、 比較的わかりやすくなっています。
VSRADによるMRI検査であれば、高齢者でも定期的なフォローアップが受けやすく、 萎縮の進み具合やお薬による治療効果も確認できます。


Zスコア1.09
海馬付近の委縮がない画像例
Zスコア1.09

Zスコア4.41
海馬付近の委縮が強い画像例
Zスコア4.41

※VSRAD advance2 では、アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の識別診断を支援する参考指標が追加されました。


検査の流れ

1

診察

 内科を受診の上、ご相談ください。

1

予約

 MRI検査日を予約します。空があれば、当日でも検査可能です。

1

MRI検査

 検査後、VSRADによる解析を行います。解析評価自体は無料です。(MRIの料金のみ)

1

結果説明

 後日、神経内科(水曜)または脳神経内科(土曜午後)の医師より結果説明を行います。